2011年04月26日

【関東支援連合】被災地からのお礼と手紙

石巻.jpg 

 私たちの使命、それは支援・協力する人と被災者・被災地の架け橋です。

震災直後、日本中から沢山の物資が各避難所に集まりました。

 私たちのような、民間のボランティア団体も沢山結成され多くの人たちがこの東日本大震災に関わってきましたが、時間が経つにつれ募金や支援物資も集まりにくくなってきています。

何故か?それは集める人(コーディネーター)の問題だと分かって来ました。

募金をしても、誰にいつ届くのか分からない・・・

最寄の市役所や区役所に支援物資を持っていったが個人は断られた

何処の誰に、支援物資が届くのか・・・

そして、多くのボランティア団体がやっていることは被災地の為を優先にしすぎて

協力者・支援者の気持ちを大切にしなかった。

殆どの団体は、避難所の倉庫へ物を届けるだけだ。


私たちは、協力者だろうが支援者だろうが被災者だろうが 人と人

単なるお金や物の流れではなく、人々の気持ちをどう繋げるか

その絆を大切にしてきました。

それが、長い支援をしていく上で一番重要なことだと

そこまで、繋がる事が出来れば他人事じゃ済まされない

風化もすこしは遅くなるだろう

石巻4.jpg

子供達からのメッセージは子供達に伝えたい

石巻3.jpg

先生からのお手紙は、協力者の先生や父兄さんに伝えたい

石巻5.jpg

石巻1.jpg

支援される側、支援する人、協力者、沢山の人が携わって初めて

1つの気持ちが生まれる

ありがとう





被災地の仲間から、メールをもらった

どんどん支援物資が集まらなくなってきた、貯金も底をついてきた・・・

仲間の支援をしたいが、もう限界だと


今、私たちが出来る事は こっちで頑張るのも必要だが

どんどん、接点を見つけ

繋がっていく事

そして、彼らが自立出来る様に仕事をコーディネートする事。

雇用を創出すること

何だって出来る、俺達ならば

今、日本は1つになろうとしているから

posted by AOBA inc. at 12:09| Comment(0) | スタッフの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。