2011年05月22日

【関東支援連合】5/15 宮原HOLLY'S ハイパーボランティア部隊

宮原HOLLY'S 関東支援連合 ハイパーボランティア部隊 お疲れ様でした!!

5/15「関東支援連合」宮原支部で宮城県石巻市牡鹿半島へ
HOLLY'Sスタッフ及びお客様有志の総勢20名!でボランティアに行ってきました!

今回の目的は牡鹿半島の小積浜と給分浜の二箇所で作業
作業依頼は
(瓦礫撤去・倒壊した家の解体撤去・自動車の撤去・漁具道具の探索・整理)
この作業内容!人力だけでは到底無理です!!
これは重機が必要とのことで持ち込むことに。。。
まさにハイパーボランティアの始まり(^_^;)

5/15(土)午後9時
重機・チェーンソー・作業道具を積んだ4トンダンプ一足先に出発!

午後10時40分ダンプを追いか私達も出発。

午前2時半三陸自動車道、矢本パーキング無事到着。
ダンプチームと合流。
ここで宮原支部の皆と待ち合わせ。しばし仮眠。。。

が  しかし


後部座席のバーチーさんのムニャムニャ言いながらの寝返りが気になって・・・

横では邪悪さんの無呼吸症候群が!これまた凄いんです、、平気で一分くらい呼吸が止まるんですよ!!そりゃ気になって寝れるわけあらへんですよ(笑)

午前5時半、矢本パーキングに宮原支部
無事全員集結!

515「関東支援連合」ボランティア報告@.jpg

いつも宮原で飲んでる仲間が石巻に集結
みんなやる気満々だぜ♪
いざ牡鹿半島へ

牡鹿半島、今までしりませんでした!
自然、山、海、空、景色、とても素敵な半島です。


午前8時小積浜に到着!
ここで給分浜へ行くチームと別々に。。。
o0800048011237545979.jpg


小積浜の依頼主、熊谷さん(オレンジのツナギ)と打合せ!現場確認
いよいよ作業開始
o0800048011237553275.jpg


小積浜、高台から見た作業現場!
o0800048011237559391.jpg
倒壊した家・瓦礫・流された車等で家までの道がふさがれてしまい困ってるとのこと。

先ずは道を開きます。
ユンボ・ブルドーザー大活躍!!
まさに百人力v(^-^)vo0640047811237580775.jpg
ユンボで車を引っ張り出す♪ラクラク
o0640047811237580776.jpg

マンパワーも負けてません!
流石に現場慣れしてるメンバー
みんな無駄のない動き凄い一体感!
依頼主の熊谷さんもビックリ驚いてました(*^.^*)
(なんかの特殊部隊ですか?自衛隊より凄いですね!)と
お褒めの言葉を頂きました(笑)
o0640047811237618268.jpg
o0320024011237618270.jpg
o0320024011237620194.jpgo0240032011237620193.jpg
o0478064011237618269.jpg
午前10時少し前にいったん休憩
山口先輩
小川大二郎隊長からの差入でお茶タイム♪
天気もよく暑かったので冷たい飲み物がありがたい
おやつもたくさんある(;^_^A
o0640047811237816392.jpgo0478064011237856958.jpg

すでにダウンかタクローくん(><;)

つづく。。。。。。。。。。。。。。。


協力:南国風ダイニングHOLY’S
http://profile.ameba.jp/hollys-hollys/

気さくな店です!!一人でも気軽に飲みに行けまっせー!!











posted by AOBA inc. at 23:08| Comment(0) | スタッフの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

To ALL Professional Snowboarders around the world

To All professional snowboarders around the world 

The Japanese revival system is now collapsing.
There is not enough room and time to help the devestated areas in many towns, cities of the affected prefectures.
As for the present conditions, the volunteer groups of We civilians are leading an active supports roll. Many of the volunteers are spending their own money to help a community that still in turmoil 3 months after the Tsunami.
There are still many places that have not been opened up, due to a lack of man-power. This is the case for hundreds of kilometres of the East coast of Japan.
The range that the budget can produce is small, with very little or no contributions from the government.
If one from the evacuation centre moves back to a partially destroyed house, without distribution from the city, trouble arises with feeding the elderly and the physically disabled.
The neighborhood of Ishinomaki City, Watanoha area, 3,000 people are in a critical condition at home.
Distribution of food to homes is one by one, but even the food donated by Taiwan has now gone.
The Japanese present conditions has been fading with time.
It became very difficult to collect support supplies for us in Japan. Due to the influence of nuclear power accident of Fukushima, safe food is decreasing rapidly, as the area around the power station was a major crop producing area, many vegetables commmonly eaten are now not available or not safe for consumption.
The devestation to the areas affected is beyond imagination and the people need support.
Please send food and help them!

SUPPORT UNION KANTOU
DAIJIRO OGAWA
daijiro@aoba-inc.jp
facebook daijiro ogawa

Kouhei Amemiya
kohei_alaska@k.vodafone.ne.jp

James Bush
bokenyaro96@gmail.com
kohei
posted by AOBA inc. at 20:11| Comment(0) | スタッフの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。