2011年04月25日

【関東支援連合】4/21.22 次の支援とは

 南三陸町から、牡鹿半島 女川 鮎川 へ

道路は、亀裂が入り、小さな港は全てが波に浚われている。

鮎川港は鯨で有名な港だが、全ての機能を失った。

牡鹿半島までの道のりは沿岸部の山道を通る

道も狭く、所々地割れで片側車線のみ通行可能

地盤沈下も酷く、鮎川では1.5mも下がってしまった。

満潮時には通行できない道が多数あり、石巻市との道は寸断される。

この状況下、いつ瓦礫撤去作業が始まり復興までかかるのか地元の漁師に聞いたところ

2年後に片付けに来るとのことだった・・・



それまで、どうするのだろうと問いかけた


先ずは、船を出して漁をするさ と・・・



TVでは、既に平常にでも戻ったかのような映像が流れている。

それは石巻市中心のほんの一部だ

マックや吉野家、家電量販店も少しずつだが再開し活気を取り戻している反面

数キロはなれた場所では未だ手付かずの瓦礫の山、そして水道、電気も通っていない。

TVでは、映しきれない場所は腐るほどある


多くのボランティアは、行政管轄で配置され作業をするが比較的安全な場所で軽作業が多い

しかし、本当に必要な場所は、手伝う事が出来ないのが現状だ

危険で、その責任を団体が負わなければならないから。


良く勘違いされる事がある、阪神淡路大震災と

自主的に来るボランティアは邪魔だと・・・

あの時は、行政が機能し、地元企業も機能し、全てのバックアップが整っていた。

今回はどうだ?

全てが無くなり、ゼロからのスタート

待つか? 指示があるまで待つか?

線路に乗るか?敷かれた線路にまた乗るか?


 全ての常識と、全ての当たり前が通用しない

だから、アクションしつづけ 訴えかけるしかない

君達の力が必要なんだと!!

posted by AOBA inc. at 11:43| Comment(0) | スタッフの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。