2011年04月18日

【関東支援連合】次にすること

 支援物資を被災地に届ける事に関しては、大分落ち着いてきた、着る物、食べる物。

しかし、まだまだ道のりは長い住まいに関する問題と家電製品。

そして、車



 震災直後、全てゼロからのスタートだった、食べることに精一杯、生きることに精一杯、支援者がどんどんと集まり支え合いながら一ヶ月が過ぎた。

この一ヶ月、twitterのタイムラインは物凄いスピードで生の情報が飛び交った。それについて行こうと必死にSOSを探している人たちが沢山いた。

 少し疲れてしまったのだろう。 

タイムラインが流れながらも、俺は意外と冷静に眺めていた

何故ならば、既にその情報は過去のものだからだ

何々が足らない、そうすると拡散し一気に物が集まり 依頼主のところへ大量の物資が届く。

殆どの人たちは、誰からのものなのかも確認せず、被災地の為だからと送りつけてしまう。

その繰り返しを震災後から繰り返していたように思う。

 一番重要な、思いを どこか簡単に考えていたのだろう。



一ヶ月が過ぎ、twitterのタイムラインはゆったりと流れ始め

本来の各々のつぶやきがゆるーく ただよっている


 現地はどうだろうか?

コンビニが再開し、マックも営業し、ファミレスも徐々に開き始めてきた。

支援者側と被災者側が少しずつ距離が近くなってきた。




 と 感じてしまう。



 それが、風化なのだ

 そして、誰かがやってくれる。

 行政がやってくれる。

 俺達には関係ない・・・

 恐らく、4.29日運動までのモチベーションは告知したときの半分以下だと考える。

 人それぞれのモチベーションを引っ張り続ける難しさを痛感している。

 ゴールデンウィーク間近、それぞれが心の整理をしたがる時期なのだろう。


 各々が次にすることを見つけるために、4.29運動 是非参加を!!

追記:南相馬市沿岸部の瓦礫撤去、清掃が急ピッチに進んでいる、石巻の3月30日頃の状況だ。
まだまだ、皆の力を必要としているところがあり必死にSOSを送っている。



【被災地の方が車を買う方法】

仲間の車販売店から教えてもらいました。

先ず、市町村役所で罹災証明書を発行してもらう

購入する自動車販売店から車検証をFAXか避難所に郵送してもらう

その車検証と罹災証明書を警察署に持って行き車庫証明を申請する。

場所によっては軽自動車車庫証明要りません。

自動車を運んできてもらい後日、ご自身で陸運支局にいって登録する。

@車庫証明(警察署から発行される書類)
A印鑑証明書
B身分証明書(無い場合は罹災証明書でOK)
C印鑑(無い場合は罹災証明書でOK)

ハードルは高いですが、他にも方法を考えて見ます。


 
 


 
posted by AOBA inc. at 21:09| Comment(0) | スタッフの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。