2011年03月29日

【関東支援連合】第二話 被災地で感じた事、伝えたい事

 俺達は言葉を失ったまま・・・

ひたすら、すさまじい光景を目に焼き付けた

リアリティーの無さに、全ての感覚が麻痺していた。

東日本大震災、地震の被害よりも圧倒的に津波の被害のデカさに圧倒されっぱなしだった。

今回の目的は、避難所へ救援物資を届ける事と、避難所で活躍するボランティアや消防団にRedBullを配り応援する事、それすら忘れてしまいそうだ。

名取市については、比較的交通の便や街からも近い為、救援物資も安定していると判断し北上した。

松島を抜け、石巻市へ

友人の両親が非難していると聞いた、市立湊小学校、湊中学校へ


道中も永遠と・・・


tagajyo_1.jpg

tagajyo_2.jpg

石巻中心街に着いたのは14時を過ぎていた

みぞれが降り始め、一層深刻さを増していた

小高い丘を登り、左手には火葬出来ない遺体が土葬されている

道にはヘドロやオイルの混じった水溜り、海のものか街の物かも区別が付かない程グチャグチャになっている道を自衛隊、消防車、地元の車が行き交い必死に日常を取り戻そうとしている。

ishinomaki_5.jpg

店には車が突っ込み、電信柱は折れ曲がり、コンビニエンスストアの入り口は全て割られている。

ishinomaki_1.jpg

港に近い、避難所付近は写真には無いが壊滅的状況だった。

避難所に到着すると、数人のボランティアが本部を教えてくれ早速物資を持って伺った

想像していたごった返した避難所のイメージとは違い、殆どの人は壊れた家に戻ったとの事

電気も、水道も、寝床も整っていない場所よりもやはり壊れていても自分の家に戻りたい気持ちが強いようだ。

避難所は中学校の4階

下は、全て津波の傷跡

校舎の中まで、車が流されてきている

ishinomaki_4.jpg

この現状を見、子供を持つ親として、これほど無力と感じた事は無い

つづく
posted by AOBA inc. at 10:59| Comment(0) | スタッフの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。