2011年01月31日

【大二郎】プロスポーツ選手のリスク

プロスポーツ選手のリスク

 色々なプロスポーツがありますが、私の経験からお話させて頂きます。

1997年当時スノーボードクロス(旧ボーダークロス)が全盛期、私は国内国外の大会へ出場しメーカー契約プロ選手として活躍していました。当時のスポンサーはボードメーカーとウェアのメーカー、そしてグローブを支給して頂きましたが、契約金として頂けたのはボードメーカーの「WFO」と言うアメリカのブランドでした。年間の契約金:200万円、またボードを販売した分のロイヤリティーがありましたので概算で400万程、25歳当時の私にとっては遊び半分でしたので、申し分無い金額でした。年間のスケジュールは国内10戦(ジャパンボーダークロスマスターズ)国外2戦(Swatch)、賞金は多くて30万程度、遠征費は関東近県であれば2万円ほどで済みましたが国外となると20万以上の出費でしたので稼いだお金は全て1年で使い果たしてしまいました。当時は結婚もしていなかったので、スノーボードが出来るだけで楽しかったですが、一般的な生活水準には程遠いレベルでした。翌年1998年僅か1年でプロ生活を引退し、並行して経営していたウィンタースポーツ関連商社に専念しやっと普通の生活レベルに・・・

 プレイヤーとして要る間、常に自分自身の体調管理、成績、単純にどれだけ最大限のパフォーマンスが出来るかがプロとしての役目であり、その結果が所得として現れます。もし、怪我や良いパフォーマンスが出来ずに契約解除、所得が無くなったらどうしますか?現役時代には恐らくそんな事考えもしなかったでしょう。

 現在、各方面のプロスポーツ選手のお手伝いをさせて頂いておりますが、現在のリスクと未来のリスクを共に考えプランニングさせて頂いております。

 お気軽にお問合せ下さい。
posted by AOBA inc. at 20:53| Comment(0) | スタッフの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。